酒を飲まない人でも肝機能は低下する

肝機能が低下すると顔色が冴えなくなり、血の巡りが悪くなることで内出血が起こりやすくなります。しかし、表立って目立つ大きな症状が少ないため、日頃から肝臓を労る対策が必要です。

 

原因として有名なのは飲酒ですが、お酒を全く飲まない人でも肝機能が低下することがあります。運動不足や栄養バランスの偏り、ストレスや喫煙などによって、肝臓への血流が悪くなることで肝機能障害になってしまうのです。

 

また、薬の副作用の影響も考えられる原因のひとつです。抗うつ剤などは肝臓に負担を掛けてしまいますので、常用していて気になる症状が現れたら医師に相談してください。

肝臓の状態

肝臓には体内のアンモニアを解毒する作用があり、異常が起こるとその機能が低下します。
細胞が破壊され、炎症が繰り返し行われることで硬くなり、その結果が肝硬変となります。

 

また、食べ過ぎなどで栄養が過剰に摂取され肥大すると、
脂肪肝、脂肪肝になると細胞が傷つき炎症が起こると肝炎となります。
更に悪化すると肝臓がんにまで発展してしまうと重病ですので、早めに受診する必要があります。

機能が低下する原因

脂っこい食べ物や甘いもの、過度な脂肪や糖分を摂取すると脂肪肝になります。
肝臓にはアンモニアを解毒する作用がありますが、
便秘などによって体内に過剰な有害物質が溜まると、ダメージが蓄積されます。

 

肝臓に負担が掛かった結果、疲れやすいといった症状が起こり、
放置しておくと悪化する可能性が高いので気を付けてください。
重病化する前に見付けることで、早期治療を行うことが出来ます。

肝機能を改善させるには

症状を改善させるためには、まず原因を考えることが重要です。
運動不足だと自覚しているのなら、出来るだけ体を動かすようにしてください。

 

栄養バランスが悪いと感じているのなら、食生活を見直す必要があります。
脂肪の多い食事を避け、食物繊維や海藻類などを摂取すると、
症状が改善される可能性が高くなります。

 

なるべく消化の良いものをよく噛んでゆっくり食べ、
就寝する3時間前までには食事を終わらせることを心がけてください。

 

さらに、上記のとおり、肝機能が低下するとアンモニアを解毒する力が低下しますが、
当サイトで紹介しているオルニチンは、アンモニアの代謝作用を高めてくれることが分かっています。

 

ということでお酒を飲まないという人も、肝機能が低下することは十分考えられます。
肝機能が心配な方は、運動や食生活の改善等と合わせて、
サプリメントなどを利用してオルニチンを摂取することをおすすめします。

 

⇒当サイトがおすすめするオルニチンサプリメント

 

TOPページへ戻る