オルニチンを摂取するとどんな効果があるのか

オルニチンを摂取すると、主に肝臓の機能を高める効果が期待できます。

 

肝臓は体内の毒素や老廃物を処理する働きがあるため、体の疲労回復などに深く関わる重要な臓器。オルニチンはその肝臓の中でアンモニアの処理を行うことで、肝臓全体の動きをサポートしてくれるわけです。

 

疲れやすいと感じることが多くなったら、なんらかの原因によって肝臓が弱っている可能性があります。もちろん体を休めたり、運動や食生活に気をつけることも大事ですが、それと同時にオルニチンのサプリメントも継続的に摂取してみるといいでしょう。

 

お酒と肝臓の関係

しじみ

二日酔いには「しじみを食べると良い」というのを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。実はしじみにはオルニチンが豊富に含まれており、実はその「オルニチン」が二日酔いに効果的なのです。

 

アルコールを分解するのは肝臓の役目です。そのため飲み過ぎると肝機能に負担が掛かり、その結果が二日酔いや疲労という症状として現れます。

 

オルニチンを二日酔い解消の目的で摂取すると、
翌朝の気分がスッキリしているという試験結果もあります。

 

肝臓のためには、お酒を飲みすぎないようにすることも大事ですが、
どうしても飲酒をする機会がある場合は、二日酔い対策をしっかり行うようにしましょう。

 

成長ホルモンの分泌を促進する効果も

オルニチンには、成長ホルモンを増やす効果もあることが研究により確認されています。
この成長ホルモンは筋肉の増強、肌細胞の再生、糖や脂質の代謝、疲れた体の回復など、
体の成長や回復に必要なひじょうに重要なものです。

 

残念ながら、加齢とともに体内での分泌量は減少してしまうため、
それに伴い、体力や回復力の低下、肌の衰えなどを引き起こしてしまうのですが、
オルニチンを摂取することで、その衰えをカバーすることが可能なのです。

オルニチンの副作用はあるのか?

オルニチンには様々な健康効果があり、今ではサプリメントとして幅広い層に支持されています。

 

サプリメントは過剰摂取による副作用が問題になることがありますが、
現在オルニチンの重篤な副作用の報告はされておりません。
もともとは人の体に存在しているアミノ酸で、
体内に蓄積されることがないので、摂り過ぎによる心配はいりません。

 

しかしサプリメントによっては、他の栄養成分が含まれている可能性があります。
ご自身が持つアレルギーや、体調の変化は気にするようにしてください。

TOPページへ戻る