肝臓にはどんな機能があるのか

肝臓

肝臓は人間の体の中で最大の臓器であり、役割も多岐に渡るとても重要な器官です。肝臓内では多くの化学反応を起こすことから、体の化学工場と例えられています。

 

肝臓はとても力強く、少しくらいの傷なら再生可能なただひとつの臓器ですが、損傷が起こっても自覚症状として現れることがあまりありません。

 

そのため気付いた頃にはかなり悪化していることがありますので、できるだけ早期発見が望まれる器官であることを自覚して、肝臓と付き合っていきましょう。

肝臓の働き

肝臓では栄養分の代謝や、有害物質の解毒が行われています。
主な機能として、糖や脂質、たんぱく質の代謝を促したり、アンモニアの解毒作用などがあります。

 

アンモニアとは、生命活動の妨げになる有害な物質です。
有害物質を体内に取り込んでしまったときは、分解して無害な物質に変えます。
アルコールやニコチンを摂取した場合は体内で解毒して、
体の外へと排出してくれるとても重要な働きを担っています。

 

体温の維持や調節にも深く関わり、消化液を作り栄養素を変化させ、
毒素を中和して排出するといった、生命維持に必要な活動をしているのです。

 

沈黙の臓器

脂肪を吸収するのも肝臓の役割です。
肝臓には胆汁酸を分泌して、脂肪を吸収させやすくする働きがあります。

 

脂肪の多い食事は吸収が遅く、消化に時間が掛かります。
そのため肝臓に負担が掛かると栄養が吸収されなくなったり、
分解されずに栄養がそのまま蓄積されたりといった状態になります。

 

肝機能の低下が起こると、脂肪肝や肝炎などの病気に悪化しますので、
肝臓に無理をさせないことが大事です。

 

過剰な暴飲暴食によってダメージが掛かってしまうと、疲労や黄疸という症状になって現れます。
しかし沈黙の臓器と言われるほど静かな肝臓が、目に見えるような異常を発している場合、
すでに症状がかなり進行している可能性が高いです。

 

気になる異常が体に現れたら、出来るだけ早く受診した方がいいでしょう。

 

⇒当サイトがおすすめするオルニチンサプリメント

 

TOPページへ戻る