肝臓を回復させるために有効な方法

肝臓は再生力の高い臓器ですから、悪くなっても自力で治そうとする力が強いのですが、当然それにも限界がありますので、肝臓が弱っているのであれば、すぐに回復させるべくケアをすべきです。

 

肝臓を回復させるためには、まずは原因を理解することが重要です。
生活習慣を見直し、肝臓に負担を掛けている理由を探ってください。

飲酒が原因の場合

肝臓2

アルコールの摂取によって肝臓に障害が起こっているのなら、お酒を控えてください。

 

症状が悪化すると肝硬変にまで進んでしまう可能性が高くなります。肝硬変になると治療が難しくなりますので、まだ対処できるうちに禁酒を実行してください。

 

いきなりお酒を断つのが難しいなら、できるだけ量を減らしながら様子をみましょう。周りの方にも肝機能障害だからという理由を正直に話して、お酒の誘いを断りやすくしておくことも大事です。

生活習慣を見直す

肝臓1

アルコールを全く飲まなくても肝臓が悪くなる原因はあります。

 

運動不足やバランスの悪い食生活によっても、肝臓に障害を引き起こします。筋肉を動かなさないと血流が悪くなり、汚れた血液が体内を循環すると肝臓に負担が掛かります。

 

また、偏った栄養によっても肝機能は低下します。
インスタント食品や外食、過剰な脂肪や糖分を摂取し続けると、栄養の分解を促す器官である肝臓の機能が追いつかなくなります。栄養バランスの取れた食事を心がけ、ビタミンやミネラル、食物繊維といったものを積極的に食べてください。

 

睡眠前の食事も体に悪いので、夜食などは控えるようにして、適度な筋肉運動も心掛けることが大事です。

おすすめの栄養成分

肝臓の働きを高めるには、オルニチンが良いでしょう。
体内にも存在するアミノ酸の一種で、サプリメントとしても販売されている安全な成分です。
成長ホルモンの分泌も促進してくれますので、肝臓以外の部分にも良い影響が期待できるでしょう。

 

オルニチンはしじみに最も多く含まれていますが、
食品だけで摂取しようとすると、かなりの量が必要になります。

 

食事だけで補えない分はサプリメントに助けてもらい、
生活習慣を見直し、お酒を控えて肝臓を回復させましょう。

 

⇒当サイトがおすすめするオルニチンサプリメント

 

TOPページへ戻る