肝臓と疲労の関係について

肝臓は静かに働くため、異常があっても自覚症状が乏しく、目に見えるような変化はあまり見られません。逆に言うと、目立つサインが現れたら、もうすでに悪化している状態になっているということです。

 

肝臓が弱った時の主な症状として、疲労が挙げられます。最近ひどく疲れやすくなったと感じているなら、病院で受診してみることをおすすめします。

 

肝臓の働きは内臓の中で最も多く、健康維持に深く貢献しています。
そのため機能が低下すると全身の倦怠感や、普段ならすぐ治るような風邪をこじらせたりといった症状が現れます。

疲れているのは肝臓が原因?

食生活やストレス、運動不足などで肝臓を酷使していると、疲れをよく感じるようになります。

 

肝臓が疲労すると、肝臓の役割である代謝を促したり、
体内の解毒作用を促す働きが果たせない状態になっています。
気になる症状が現れたら、生活習慣を見直す必要があります。

 

疲れを放置しておくと、症状が悪化して
重大な病気になってしまう恐れがありますので、できるだけ早く対処しましょう。

 

アルコールと疲れ

肝臓ではアルコールの分解を行ってくれますが、
過剰に摂取されると肝臓に中性脂肪が溜まり、脂肪肝を引き起こします。

 

お酒を飲んだ翌日に疲れや二日酔いの症状が出ているのなら、
それは肝臓が対処しきれずに疲労している証拠です。
放置しておくと重大な病気に繋がりますので、お酒との付き合いを考えながら健康管理を行ってください。

健康な肝臓を維持するには?

肝臓の負担を軽減してあげることが重要です。
過度な飲酒や暴食などは避けて、栄養バランスの取れた食事を取ることを心掛けてください。

 

ストレスや睡眠不足も体調不良の原因になります。
根本的に生活習慣を見直す必要がありますが、
原因が自分で分かっているなら生活を管理してください。

 

アルコールが原因なら禁酒する、食生活ならビタミンやミネラル、
食物繊維を多く摂取するように気を付けることが大事です。

 

自分に合った改善方法を実行しながら、健康維持を目指しましょう。

 

⇒当サイトがおすすめするオルニチンサプリメント

 

TOPページへ戻る