オルニチンが含まれる食べ物とは

しじみ

オルニチンが多く含まれている食べ物として、一般的に有名なのはしじみで、100g当たり(しじみ約35個分)10mgから15mgも含まれています。

 

他にもヒラメやキハダマグロ、チーズやパンがありますが、含有量はごくわずかで、100g当たり多くて約8mg、少ないものでは1mgにも満たない食品もあります。

 

オルニチンは体内にも存在するアミノ酸の一種で、しじみは最も多くオルニチンを含んでいる食べ物で、驚くことに江戸時代から肝臓に良い食材として庶民に愛されてきました。

 

成分など詳しいことは分からなくても、
体に良いものは体験談として語り継がれてきたのでしょう。
二日酔いにもしじみが効くということで、昔から食べることが習慣化されてきたのも納得です。

1日に必要な摂取量

しじみを毎日食べることは頑張れば出来そうですが、いったいどれほどの量が必要になるのでしょう。
オルニチンの必要な目安摂取量は、1日500ミリグラムから1000ミリグラムと言われています。
しじみだけでオルニチンを取り込もうと思うと、いくら用意しても量が多くて大変です。
食事だけで補えない分は、サプリメントで効率よく摂取すると良いでしょう。

 

効率よく摂取する方法

毎日オルニチンを最低でも500グラム摂取しようと思ったら、
しじみが約1000個以上必要になります。
食べ物だけで摂るのは不可能と言ってもいいでしょう。

 

そこで当サイトでは、サプリメントで効率的にオルニチンを摂取することをおすすめしています。
含有量や他の含有成分との相性など、自分に合った商品を選ぶことが大事です。
肝臓に負担を掛けていると思ったら、積極的にオルニチンを体内に取り込んでいきましょう。

 

そして、沈黙の臓器といわれるほど、異常が起こっても症状が現れにくい
肝臓の負担を減らしてあげることも重要になりますので、
サプリメントを摂ると同時に、生活習慣の改善も心がけましょう。

TOPページへ戻る