肝臓のオルニチンサイクルってなに??

「オルニチンサイクル※」という言葉を聞いたことはありませんか?
肝臓の健康について調べたりしている人は何度か目にしたことがあるのではないかと思います。

 

しかし、具体的にこのオルニチンサイクルというものがどういうものなのか…
というと考えこんでしまうという人も少なくないでしょう。
それでは、このオルニチンサイクルとはどのようなものなのかを、ここでご紹介していきたいと思います。

 

※オルニチン回路もしくは尿路回路とも呼ばれます

オルニチンサイクルとはアンモニア代謝経路のこと

肝臓が私たちの体の中で化学工場のような役割を果たしているということは有名な話です。
毎日肝臓では、血液によって運ばれてくる栄養素の分解だけでなく、
体に有害となるアンモニアなどの毒素の解毒も行われています。

 

そしてこのアンモニアなどの毒素を代謝する経路のことを
「オルニチンサイクル」、または「尿素回路」と呼ぶのです。

 

名前から考えられる通り、このサイクルにはオルニチンが深く関わっています。
肝臓の健康を保つには、オルニチンは欠かせない存在ということがこれだけでもよく分かりますね。

 

オルニチンを摂取して、オルニチンサイクルを活性化させよう!

アンモニアを解毒するために必要不可欠な
オルニチンサイクルの一部をサポートしていると言われているオルニチン。
このサイクルがあるからこそ、私たちは有害なアンモニアを、
無害な尿素へと変えることができているのです。

 

つまり、オルニチンが肝臓にしっかり供給されていないと、
これら一連のサイクルが正常に回らなくなってしまうことになります。
その結果、体に害のあるアンモニアがきちんと解毒されず、
体内に様々な不調を来してしまうことになってしまいます。

 

こうした悪循環を防ぐためにも、サプリメントや食事などで
オルニチンを摂取することを意識していくことは、とても大切なことと言えるのです。

 

仕組みを知らないとなかなか意識することのないオルニチンサイクル。
仕組みを知った今、肝臓の健康を保つためにも、
できることからスタートしていくことが重要となるでしょう。

 

⇒当サイトがおすすめするオルニチンサプリメント

 

TOPページへ戻る