肝臓の病気の種類

肝臓病が発生する原因として、栄養の取り過ぎや飲酒、ストレスや喫煙などが挙げられます。
過剰な栄養が肝臓に溜まると脂肪肝になり、
放置しておくと肝炎や肝硬変、肝臓がんまでになってしまう症例が増えてきています。

炎症の症状

アルコールを摂取し過ぎると脂肪肝になり、ひどくなると肝臓が炎症を起こし肝炎になります。
まだ初期の肝炎なら禁酒などの措置を取れば改善される可能性はあります。

 

肝臓には送り込まれてきた脂肪を燃焼させようとする働きがありますが、
過剰に流れてきた脂肪に対応できない状態になると、細胞が炎症を引き起こします。

 

脂肪肝より更に進行した状態になりますが、この時点でもあまり自覚症状がありません。
他には肝炎ウィルスによって起こる、肝臓の炎症疾患をウィルス性肝炎と呼びます。

肝硬変の症状

肝臓の炎症が長く続くと、肝細胞が破壊されます。

 

細胞が著しく衰退したことにより、肝臓が小さく硬くなりますが、この状態が肝硬変です。
この肝硬変になると、肝臓の正常な働きが出来なくなり、
肝臓がんを引き起こすリスクが高くなります。

 

肝臓は沈黙の臓器と言われるほど自覚症状が少ないことで知られていますが、
肝硬変にまでなると様々な症状が現れます。
まだ軽い状態では食欲不振や疲労など、悪化すると黄疸や腹水といった状態になります。
気になることが少しでもありましたら受診してください。

肝臓がんの症状

軽度の肝障害の脂肪肝から肝炎、肝硬変になり、最悪になると肝臓がんを発生します。
他のがんからの転移でなる場合と、肝硬変から経て肝臓がんに至るケースがあります。

 

症状として現れる頃には、もうすでに末期状態になっていることもあり、早期発見が望まれる病気です。
できるだけ初期の頃に発見するためにも、静かな肝臓が訴えてくる症状を見逃さないことが重要になります。

 

肝臓が悪いときの症状として、おもに疲労を感じるようになります。
疲れやすくなったと思われたなら、生活習慣や食事の改善などを実行し、
出来るだけ早く受診するように心掛けてください。

 

TOPページへ戻る